慶應義塾大学鶴岡タウンキャンパス慶應義塾大学鶴岡タウンキャンパス
お問い合わせ 交通・アクセス ENGLISH
menu

ホーム > ニュース一覧 > 第7回「知の拠点庄内」シンポジウム  『わくわく庄内暮らし』~食べる・学ぶ・住まう~

第7回「知の拠点庄内」シンポジウム  『わくわく庄内暮らし』~食べる・学ぶ・住まう~

2017年11月10日

第7回「知の拠点庄内」シンポジウム
 
 『わくわく庄内暮らし』~食べる・学ぶ・住まう~







【日時】 
2017年12月10日(日) 13時30分~15時50分
 

【会場】 
鶴岡メタボロームキャンパス レクチャーホール(鶴岡市覚岸寺字水上246-2)(
地図


【主催】 
「知の拠点庄内」ワークショップ委員会

【共催】
鶴岡市・酒田市

山形大学農学部・東北公益文科大学・鶴岡工業高等専門学校・慶應義塾大学先端生命科学研究所(事務局)



●入場無料

●定員 150名程度





【構成】

●開会
  進行:慶應義塾大学先端生命科学研究所
●基調講演 
 

 

「鶴岡食文化を子や孫に」

海藤 道子 氏
 (食育インストラクター)

●発表
 

 「テロワール・食文化による暮らしの存続と風景の保全」

 温井 亨 氏 (東北公益文科大学公益学部 観光・まちづくりコース 教授)

 

「山形の隠れ素材でイノベーション~地域共創を学生とともに~」

 伊藤 眞子 氏 (鶴岡工業高等専門学校 教育研究技術支援センター 副技術長)

 

「からだに良い油のお話 ~庄内の食品で健康長寿を目指そう~」

井上 奈穂 氏 (山形大学農学部 食品・応用生命科学コース 准教授)


 

農産物と食品へのメタボロミクスの活用~庄内地域での立地背景を活かして~」

 若山 正隆 氏 (慶應義塾大学先端生命科学研究所 特任助教)

●パネルディスカッション
  パネリスト/講演者 5名
  コーディネーター  藤井 弘志 氏 (山形大学農学部 安全農産物生産学コース 教授)
●閉会


 

 <お申込み先>

 ◆慶應義塾大学先端生命科学研究所事務室
【ウェブフォーム】
  
こちらからお申込みください。
【E-mail】
   m-apply@iab.keio.ac.jp
   
 ①お名前 ②E-mailアドレス ③参加人数を記載の上、上記アドレス宛に送信してください。

  【FAX】
   
0235-29-0809
  ①お名前 ②FAX番号 ③参加人数をご記入の上、上記番号宛に送信してください。

   ◆鶴岡市役所 政策企画課
 
 【TEL】
  0235-25-2111
 内線525または526まで

●受付期限:12/7(木)


※本催事の案内チラシは、慶應義塾大学先端生命科学研究所、鶴岡市役所、山形大学農学部、東北公益文科大学、鶴岡工業高等専門学校等 に設置しております。

※案内チラシはこちらからダウンロードすることもできます。


慶應義塾大学
先端生命科学研究所
Institute for Advanced Biosciences, Keio University

IAB

詳細はこちら >

Access 交通・アクセス

慶應義塾大学
鶴岡タウンキャンパス
センター棟
交通・アクセス

バイオラボ棟
交通・アクセス

詳細はこちら >